社会保険労務士とは

ホーム » 社会保険労務士とは

労働保険・社会保険に関する専門家です。

労働保険・社会保険諸法令に基づいて、行政機関に提出する提出書類や申請書等を依頼者に代わって作成すること、また企業を経営して行く上での労務管理や社会保険、国民年金、厚生年金保険についての相談・指導を行う社会保険労務士法に基づいた国家資格者です。

企業の成長には3要素(ヒト・モノ・カネ)が必要とされていますが、その中でも「ヒト」に関する専門家であり、事業の健全な発達と 労働者等の福祉の向上に資することを目的としています。

社会保険労務士に業務委託をするメリット

企業経営に専念

目まぐるしく変わる社会の変化に伴い、労働・社会保険関係諸法令の改正がたびたび行われています。その内容は複雑で、より専門的になってきており、こうした面に精通していないと、業務への適正な対応は困難となっています。 スピーディに、正確に処理するため、専門家である社会保険労務士にお任せください。
また、
人事・労務管理の専門スタッフを育成するより、外部の力を活用することで無駄を省け、経費の削減にもつながります。

②事務手続きを、よりスピーディーかつ正確に

社会保険労務士は、労働・社会保険の加入や脱退、各種給付金、助成金の請求、帳簿書類の作成など労働社会保険の事務手続きを的確に処理します。 的確な処理は企業のリスク管理に役立ちます。そして、迅速な対応は他の事務処理にも好影響を与えます。

③経営の円滑化

法改正情報をはじめ、業界知識や社会的動向について社会保険労務士がもつ知識や情報をご活用ください。 良いコミュニケーションで情報を経営に活かしてください。

④人事・労働管理の適切なアドバイス

あらゆる産業分野で、賃金・人事制度の見直しが行われ、また、労働条件の改善や労働時間の短縮が進められています。労働者の意識も大きく変化しています。反面さまざまな業務の効率化が問われています。そこで必要となるのは戦略やアイデアです。 社会保険労務士は人事・労務管理全般に関する専門コンサルタントとして、事業主および従業員のお役に立ちます。

ページトップに戻る